もんじゅ西村裁判Monjyu Tribuanl

アクセスカウンタ

zoom RSS 遺体は家へ(家の内外に動燃広報室、総務部を配置)雨沢孝幸、二瓶勲

<<   作成日時 : 2010/03/18 00:13   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

遺体が家に着くと、テレビのワイドーショウのマスコミが脚立に登り、騒々しい状態だった。
動燃燃総務部はマスコミが遺族を取材できないようにしていた。
体が着く前に勝手に家の内外に総務部、広報室の職員を配置し、動燃の組織的犯罪を貫徹するため、マスコミ対策遺族対策を遺族宅の内外で一丸となって行っていた。


遺族宅の内外に、本社総務部が急遽移動した出張所の状態だった。
動燃にとって、マスコミ対策は情報操作や死因の偽装工作に最も重要な事だった。
遺族対策をしたのは、総務部、広報室だった。
西村家の電話受信を広報室が行った。
更に広報室もんじゅ担当 二瓶勲は兄に対し、科技庁記者クラブの某氏の名刺を出し自殺の動機の虚偽の説明をした。
科技庁記者クラブの某氏名刺には日付、裏に手書きで「記者会見の厳しい質問をしたから 」と記者の名刺を利用していた。記者に確認したところ、名刺の裏書の筆跡は某記者のものではなかった。
兄に対し、記者の某氏を名指ししてまで、恰も記者会見が原因で自殺したと理屈を述べた。
動燃の広報とは狂った組織。

一方、科技庁記者クラブではマスコミを利用し、生中継で全世界へ電波をジャックしていた。
科技庁で理事長、理事、広報室長は嘘の死因を発表し、マスコミの反応をじっと観察し、その反応を収集し、歓喜していた。
職員等は取材に対して、死因を組織的殺人死体遺棄を自殺に偽装するため、動燃延命の切り札とし、情報操作を積極的に行った。

マスコミの大半は情報操作され続けた。マスコミが記者会見で情報されてどうするのだ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
遺体は家へ(家の内外に動燃広報室、総務部を配置)雨沢孝幸、二瓶勲 もんじゅ西村裁判Monjyu Tribuanl/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる