もんじゅ西村裁判Monjyu Tribuanl

アクセスカウンタ

zoom RSS 霊安室 警察(荒井泰雄)が遺品を提示

<<   作成日時 : 2010/03/17 00:48   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

1996年、事件当時の元中央署  現在は消防署の前に移動。 



数分後、再度警部補等が3名が霊安室に入って来た。「これは遺品です。確認をして下さい」と言った。


遺品は定型の小封筒に入れ、その中に入る分しか、なかった。
財布、腕時計、鍵だけ。これらは警部補にとって証拠として不必要なものだったようだ。

人が亡くなると、定型の小封筒に入る分しか遺品が無いのか?いやに少な過ぎる。
腕時計は無傷で正常に動いていた、変だ。
遺体は裸だった。衣服は何処に?
刑事事件を隠避する為、警部補は衣服、その他を証拠として渡さず、遺族に遺品を未だに返却しない。

3名の警部補等が霊安室を出て行こうとした、「成生が何故死んだのか理由と聞かせて」言ったが、警部補等は深く帽子を被り、顔を隠し、急ぎ足で出て行こうとした。
再度「成生が何故死んだか理由を聞かせて」叫び声が霊安室のから廊下まで響き渡ったが、警部補等は更にスピードをあげ姿をくらました。警部補等も嘘をつく時、罪悪感もなく、こんな挙動をする。

警部補等は報道機関に死因に関する嘘の情報を提供したが、遺族に対し、死因情報説明から逃げ続けている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
霊安室 警察(荒井泰雄)が遺品を提示 もんじゅ西村裁判Monjyu Tribuanl/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる