もんじゅ西村裁判Monjyu Tribuanl

アクセスカウンタ

zoom RSS 祭壇(右側)

<<   作成日時 : 2010/05/15 00:20   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


1996年1月15日 告別式 右側 
 内閣官房長官 梶山静六 、元科学技術長官 田中真紀子、動燃理事長 大石 博、
会計検査院事務総長  安部 、原子力技術() 田中 功、弁護士 加藤 義樹
、もんじゅ所長 菊池三郎、敦賀所長 岸田篤彦、東濃地科学センター次長 坪谷隆夫、
茨城漁連会長 飛田謙蔵、原子力安全技術センター 梅澤 安己、常陽産業(椛緕譁 相澤正巳、
人形峠原子力産業(椛緕譁小椋一範、原子力技術()代取役 田中 功、
敦賀原子力サービス()代取役 本家誠之、三菱重工業  ()代取役 増田信行、
日立製作所()代取役 金井 務、瑞豊産業()代取役 水船 隆昌、ナスカ  ()代取役 北原種道
(社)日本原子力産業会議 向坊 隆 (元東大学長)、原子力安全センター 会長 梅澤邦臣


写真の献花は原子力振興策できらびやか、献花と共になんと官房長官はじめ当人が告別式に参列していた。
官房長官が列席し、かなりの政府高官、大手産業のトップが打ち揃った。
科技庁と動燃が企画した国葬か社葬のような内容であったが、葬儀費用は遺族に請求された。動燃組織と職員等は丸儲け。

裁判の判決は西村個人の責任にしているが、この写真から誤判でしかない。

司会者が葬儀開始の宣言をすると共に、いつの間にか真後ろに長尾総務部長((トップ写真の左)が座っていろいろ解説したのだった。
後ろから耳打ちし、今日の主賓は「田中真紀子さんです」と言った。

寝耳に水、呼ぶはずもない人が突然告別式に入場してきた。
田中真紀子がなんで、勝手に主賓なのだ。

主賓とはイベントを盛り上げる為のパンダ。
14年ぶりのもんじゅ再稼動のパンダは誰か?
サプライズ!田中真紀子入場に大手企業・科技庁・動燃役職員等はドヨメキ感動していた。
葬儀は大手企業・科技庁や動燃の為の最上級祝賀ムード


遺族が頼んでもいない人が勝手に主賓とは全く不謹慎。

殺人死体遺棄の葬儀、もんじゅにたたる

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
祭壇(右側) もんじゅ西村裁判Monjyu Tribuanl/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる