もんじゅ西村裁判 V

アクセスカウンタ

zoom RSS 裁判U 訴 状2015.2.13 提出(遺品未返還訴訟)

<<   作成日時 : 2017/01/28 16:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

                           訴         状
                                                       2015年2月13日
東 京 地 方 裁 判 所 民 事 部 御 中
当事者の表示 別紙目録記載のとおり
遺品引渡請求事件
  原告訴訟代理人
           請   求   の   趣   旨
1 被告警視庁中央警察署長は原告に対して、別紙「未返還遺品目録」記載の物品(以下「本件物件」という)を引渡せ
2 被告八木橋英雄・同東京都は各自原告に対して、本訴状送達の日の翌日から本件物件の引渡済みまで1日当たり金1000円及びこれに対する各当該日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え
  3 訴訟費用は被告らの負担とする
との判決、ならびに第1・2項について仮執行の宣言を求める。
請   求   の   原   因
第1 当事者
1 原告 原告は、1996年1月当時、訴外「動力炉・核燃料開発事業団」
   (以下、通称である「動燃」と表記する)総務部次長の職にあった、
    故西村成生(以下、故成生」という)の妻である。
同人は、1996年1月、不審の死を遂げた。原告は故成生の全ての遺品を相続した。
2 被告 ⑴ 被告 警視庁中央警察署長
     被告警視庁中央警察署長(以下、「中央警察署長」という)は、中央警察署管内の司法・行政警察活動全般を統括している者である。
⑵ 被告 八 木 橋 英 雄
被告八木橋英雄は、警視庁中央警察署長として原告に対して、別紙目録記載の物品を返還すべき職務上の地位にある者である。
   ⑶ 被告 東京都 被告東京都は、国家賠償法1条によって、被告警視庁中央警察署長である被告八木橋英雄がその業務執行について、他人に対して犯した不法行為の責任に、同署長と連帯して任ずべき者である。
第2 原告の請求権
1  原告の夫故成生は、1996年1月当時、動燃に勤務し、動燃が開発中の高速増殖原型炉「もんじゅ」関連の業務に従事していた。
2  動燃は、多くの根強い慎重論・反対論にもかかわらず、福井県敦賀市に高速増殖原型炉「もんじゅ」を設置し、試験的運転を続けてきていたところ、1995年12月8日、二次冷却系配管に於いてナトリウム漏洩の事故を起した。
 元来、高速増殖炉については高度の技術的困難性が指摘され続けてきていたのであって、まさしく慎重論・反対論の正当性が裏付けられるところとなったのである。

〜つづく〜
当   事   者   目   録
 
 東京都中央区日本橋兜町14−2
警視庁日本橋警察署内 被  告 警 視 庁 中 央 警 察 署 長
 東京都中央区日本橋兜町14−2
警視庁日本橋警察署内  被 告 八 木橋 英雄
東京都新宿区西新宿2−8−1
被告 東京都 代表者 知 事 舛添要一
未  返  還  遺  品  目  録
1現金(50円)2ジャケット3ズボン4ワイシャツ5靴下6下着(シャツ・パンツ)7ベルト8ネクタイ9靴10テレカ3枚11万年筆12 ガム
13 fax受信紙
(1996年1月13日午前2時30分、動燃本部からホテル宛に送信され、フロントで故成生が受取ったと警察発表されているもの)



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
裁判U 訴 状2015.2.13 提出(遺品未返還訴訟) もんじゅ西村裁判 V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる